top of page

町田大商都構想 

政策提言12〜

政策提言① スカウト・キャッチ・客引き・看板の規制

町田の象徴とは『市街地の賑わい』にあるように思います。その中核となっている商業施設が今、苦しそうです。中心市街地にある旧109がレミィ町田、町田センタービルと度々名前を変え、体をなさない状態ですが、同じような状況が各商業施設でも見られてくるようになりました。デベロッパーの方々が口にするのは、町田がいよいよお金を落とさない街になりつつあるという声です。相模大野駅でも伊勢丹の撤退に伴い、商業エリアの著しい衰退が見られましたが、近い将来、町田でも同じ事が起きうる危機を感じます。

スクリーンショット 2023-12-07 19.26.18.png
スクリーンショット 2023-12-07 19.27.14.png

若者の街として栄えてきた町田ですが、その若者が減少していく日本で、インバウンド効果もない町田のこの先の未来は、このまま何もしなければ、衰退してゆくという危機を感じます。若者のパイだけでは今後が見込めないでしょう。町田のマイナス要素を挙げるとすれば、若者以外の層が寄り付きにくい・住みにくい空気感があると思います。その理由の一つとして、中心市街地の『治安』『景観』が挙げられると思います。昨今の発砲事件でも巷では治安の悪さをイメージさせるネットニュースが流れました。

夜、町田駅を降りた際、無秩序に声をかけられるキャッチ・呼び込み。これらが横行する風景はまさに、新宿・歌舞伎町の負の空気に近いものがあります。ゴミの散乱もそれが要因化しており、夜の中心市街地はカオス状態とも言え、女性や大人・家族は歩きたくない、歩けない・住みたくなくなる空気を感じます。これらの層の人たちが町田を避け、健全な空気のある海老名や新百合ヶ丘などに流れていくのは必然であります。夜の街としての魅力は残しつつも、秩序があり、見た目の景観を整え、多くの人たちが安心して暮らせる雰囲気を作る必要性を感じます。

スクリーンショット 2023-12-07 19.27.27.png

政策提言②➤原町田大通りの美観・緑化

町田駅に降りた際、政策提言①を実行する事で、街の怖い空気感はリセットされます。次に重要なのは、そこから見える最初の街の景色です。町田駅から延びる『原町田大通り』こそ、街の中心地であり、ここの『魅せ方』により、街の視覚的空気感は劇的に変わると考えます。芹が谷公園まで道が繋がり、その上をモノレールが走り、車道を1車線化する構想があると聞きます。これに加えて、ここをさらに『緑道化』『サイクルロード』も併せて提言したいと思います。

スクリーンショット 2023-12-13 18.46.22.png
スクリーンショット 2023-12-13 18.46.47.png

直線に繋がる道が自然の緑で繋がり、町田のもう一つの魅力である自然や里山と繋がるストーリーを最初の景観で併せ魅せる事により、街のストーリーと魅力が一気に高まると考えます。

政策提言③➤武相荘・白洲次郎氏のシンボル化

誇りを持つために大切なのは『シンボル』をつくる事であり、『市民性』にメッセージをもたせる事だと考えます。そのように考えるとき、大変貴重な人物が町田には存在しています。かのGHQに「従順ならざる唯一の日本人」といわしめた『白洲次郎』です。諸説、賛否あれど、これほど逸話のある有名な日本人、日本中に隠れたファンをもつ人物は、町田に他見当たらず、そこにフォーカスを当てない手はありません。

スクリーンショット 2023-12-13 19.00.08.png
スクリーンショット 2023-12-13 19.00.19.png

また町田の市民性は、白洲次郎のスタイルに似通っていると私たちは考えます。『何者にもなびかない』『中央に忖度がない』『自由で寛容な町田』『カントリージェントマンが集う街』そのストーリー性を『白洲次郎』というシンボルを示す事で、シビックプライドは高まるのではないでしょうか。丁度、高知の坂本龍馬。鹿児島の西郷隆盛のように。

それに加え、観光にも非常に大きい要素を創り出すと考えます。県外の人が町田を観光目的に訪れる要素は今のところ少ないですが、『白洲次郎』『武相荘』を推し出すことで、日本中の人が町田を訪れるきっかけになる思われます。白洲次郎さんの生き様はこれからの日本人にメッセージ性があり、影響をもたらすのではないでしょうか。私たちは全市をあげた武相荘、白洲次郎氏のプロモーションを提言します。

4

政策提言④➤大商都構想ビジョンの打ち出し

町田の市民性の特徴として、「自由で寛容」と申し上げましたが、昔より絹の道として『ニ・六の市』など起こり、多くの人が行き交い、多様な文化・近代思想の受け入れが早くからあったことが背景にあると思います。

スクリーンショット 2023-12-13 19.18.45.png
スクリーンショット 2023-12-13 19.19.33.png

近代史では自由民権運動が拡大しましたが、ここにも情報の豊富さや先見性、または地理的に近からず遠くない中央を客観的に見られる背景が関係していると考えます。

現に市内で商売している人の多くは、商売のしやすさを口にします。それは1社独占のような城下町ではなく、有力者の大声で強く縛るような地域性もなく、自由で寛容がゆえに、足をひっぱるような感覚がない事が挙げられます。この特徴は実は稀有な事であり、その礎の下に町田は商都として発展をしてきたものと考えます。この『スモールビジネスの集合体』としての良さこそが、『商都町田』の最大の強みではないかと我々は考えました。したがって我々が掲げたいビジョンは『小規模事業者による大商都構想』です。

町田にはコンテンツが多様にあり、それぞれが強く特徴的です。その一方で、強みを絞り込む事ができてきませんでした。表現を変えれば『なんでもある街は何にもない街と同じ』とも言え、特徴を打ち出せない限り、他の市町村との差別化や抜きん出る事はできません。コンテンツの議論をあれこれ続けるうちに、他の街の差別化の中で、町田は埋もれていっています。小規模事業者による大商都を実現する上で、具体的な政策は以下の5つです。

スクリーンショット 2023-12-13 19.20.10.png
5

政策提言⑤➤専門的インキュベーションチームの登用・編成(事業支援機能の強化)

商都である町田を日本有数の大商都にするためには、まず第一線で活躍した経験や知識のある有能な人材の登用やチーム編成が不可欠です。そこで、各自治体から実力のある経営者を選抜し、商工会議所との連携のもと、町田市として強力なインキュベーションチームを編成する事を望みます。現在進行中の「町田市産業支援施設複合化基本計画」の中で、このチームが3団体(新産業創造センター・商工会議所・勤労者福祉サービスセンター)の横串となる役割を果たし、また複合施設のつくりも、交流や連携が生まれる動線づくりが重要と考え、併せて提言します。

スクリーンショット 2023-12-13 19.33.49.png
6

政策提言⑥➤スモールビジネスとビジネスコンテスト開催(小規模創業支援日本一)

インキュベーション・創業支援に力を入れる市町村は沢山あります。ビジネスコンテストもその多くはビックビジネス、IPOやバイアウトを目的化するものが多いように思います。町田が魅力的な点は前段で述べたとおり、大資本や有名企業の城下町ではなく、小規模事業者スの集合体である事です。ここでの起業家が増える事は多様性ある人達の流入を創り出します。したがって、生き方を表現しようとする事業者をターゲットとしたインキュベーション・創業支援において日本一の街にする事が特徴を打ち出し、街が面白くなる事と考えます。日本各地の街が大手で画一化してきている幕の内弁当のような街並みではなく、個性的で自由な人たちの活動が魅力的な街を創り出します。

これからの時代、単に経済的な成功だけを目的化するのではなく、自らの人生を輝かせるために事業を興す人達が集まってきたとしたら、間違いなく活力ある街になると考えます。だからこそ、小規模事業者に焦点を定め、主婦や学生さんなども含めて起業を後押しできるビジネスコンテストの開催を全市を上げて取り組む事を提言します。

スクリーンショット 2023-12-13 19.46.03.png

政策提言⑦➤地域M&A・事業承継・マッチングのプラットホームつくり(地域企業の強化)

7

後継者不足での廃業は我が国の課題でもありますが、地域内においても新規に事業を興す人、現事業者にとって有益なリソースがマッチングされる事なく、なくなってしまう現実やビジネスリソースを県外に求めてしまうのは街の損失と考えます。現在もその機能はあると聞きますが、実際に事業をしていてそれらを目にする機会や活用する機会はありません。

 

従って、町田の事業者であればだれでも活用でき、誰も見に行きたくなるオンライン上でのプラットホームを創る必要があります。サイト上で実際に目にする事のできる地域MA、継承案件・マッチング情報・物件情報・大学内での研究内容などが閲覧できるシステムが必要です。

スクリーンショット 2023-12-13 19.59_edited.jpg
スクリーンショット 2023-12-13 19.52.32.png

有益なリソースの見える化を新設のインキュベーションチーム主導の元、創業センター・地域金融機関・市政・商工会議所の連携強化しより鮮度の高い情報リソースを共有し、事業者が強くなるキッカケを作りが求めたいと思います。

また町田市の1つの課題に『育った企業の囲い込み』にうまくいっていない事があげられます。これは非常に勿体なく、危惧する所です。新興企業の存在は、事業税の増大のみならず、新たな産業でそこで働く多様性の高い人材や所得が増えるであろう従事者も含めて県外流出している事を意味しています。

都心が近い事が創業時は有利に働きつつも、事業拡大につれて町田市に留まる理由がなく東京都市部に転出してしまう。町田で創業・事業拡大した事業者を県外に流出させず、町田の力強い味方にするために成長性の感じる新興企業を選抜し『特別支援』や『表彰』などの仕組みを整える事も併せて提言します。

8

政策提言⑧➤エリア地場企業合同説明会の開催(採用に強い街に)

優秀な人材・多様性ある人材の確保はビジネスの基本となります。ベンチャー企業の流出の理由もまた、都市部で採用に当たった方が有利という点にあると思います。

町田市は周囲に日本一ともいえる大学、専門学校数を誇り、それにより市内に若者が多く集まるという地理的優位性をもちながらも、学生の多くは卒業後、都心に出てしまうという弱点があります。

スクリーンショット 2023-12-13 21.01.44.png
スクリーンショット 2023-12-13 21.02.21.png

町田で学んだ学生を地元に就職させる流れを官民一体となってプロモーションする事により、採用に強い街として、大商都への道筋ができると考えます。採用の大きな軸として、町田市内の企業による一大合同説明会の開催を提言します。地元企業も専門のインキュベーションチームの力を借りながら、自社のPR活動や魅せ方をブラッシュアップし、合同説明会を魅力的にしてゆく事で、自社の成長と共に学生が地元に定着する一躍を担う事にもなります。

9

政策提言⑨➤市役所DXチーム知財の還元

IT技術の進歩に加え、2025年問題を間近に控えた現在、企業のDX推進は待ったなしの状況です。一方でその必要性を感じながらも具体的な対策を打ち出せずにいる企業も数多く存在します。DX専門チームを編成できる大手企業はよいですが、多くの中小企業は独自の専門チームの編成や高額なコンサルタント契約は出来ません。

そこで市役所の優秀なDXチームの知識を、民間の中小企業に還元することを提言します。

町田市内で市役所ほど充実したDXチームをもつ企業は存在しません。具体的には行政で活用しているIT技術をベースに、その応用として業種・業態や規模に応じたビジョンの創出、取り入れやすい仕組みやその効果などについてセミナーを開く、あるいは相談窓口を開設する等、事業の効率化やこれからの労働者不足を補うためのヒントを企業に与える役割を担っていただきたいと考えます。DX化に乗り遅れて倒産する企業が増えることは、地域にとっても望ましいことではありません。また地域としてDXを推進する姿勢を示すことで、地域全体の活性化にもつながるでしょう。

スクリーンショット 2023-12-13 21.13.34.png
10

政策提言⑩➤まちなかデジタル化の推進

ターミナルとしてのJR横浜線及び小田急線の町田駅は、日本国内でも有数の乗降客数を誇る一方、乗り換え地点としての利用にとどまり、滞在場所としてのポテンシャルをまだまだ活かせていないように感じます。乗り換え地点としてだけではなく、滞在場所としての機会を十分に提供すべく、デジタルサイネージ等のデジタル技術による町田市の魅力発信を行ってくことが必要であると考えます。またこれらを使い地元事業者のPR、CMの告知等を積極的に行っていくことで商都構想に弾みをつけますそのため、現状のペデストリアンデッキにおけるサイネージのみならず、より範囲を広げたサイネージ機器の設置を提言します。

スクリーンショット 2023-12-13 21.22.55.png
スクリーンショット 2023-12-13 22.43.50.png

中心市街地としての紹介の他、市内各地における里山をはじめとした地域資源の発信など、中心市街地の回遊性向上のみならず、町田市全体としての回遊性向上にも寄与することとなり、また、イベント告知による町田市への再訪のきっかけづくりにもなります。回遊性向上だけではなく、都市機能として求められている街中フリーWi-Fi、災害時における誘導サイン、スマートシティ実現のためのデータ受信機としての機能も合わせもつことができます。

11

政策提言⑪➤里山の有効活用と大々的PR

町田は都会的な市街地がある一方、少し街を離れると里山や自然が豊富という利点があります。これは都心部と大きな差別化を図れる要因になります。都心部での仕事や生活では、空も土も見ない中、本来の人間性を保つことが難しいように思います。その点町田では中心市街地にいても、少し行けば自然に恵まれた場所に行くことができます。公園の数は日本で17位、東京都で2位という数を誇り、自然が生活の一部になっています。まさに都会と田舎の両面を併せ持つ『都舎』とも言え、これが町田の大きな魅力の一つです。

スクリーンショット 2023-12-13 22.47.36.png
スクリーンショット 2023-12-13 22.47.57.png

一方で、この町田の自然の中には、人々が訪れたくなるようなコンテンツが存在していない事を大変残念に思います。小野路や小山田一帯などはまさに里山ですが、訪れる理由・コンテンツがありません。里山は海外でSATOYAMAとそのまま訳されるほど、実は希少な存在です。日常の中に里山があると、その価値を十分理解できないかもしれませんが、多くの人たちにとって里山は大変な魅力と言えます。そこでこの里山に人々が訪れたくなるような観光的要素を付け加えていく事を提言します。具体的には食・宿泊・交流・学びなどのコンテンツの併設です。

観光立国化を推進している我が国において、特に宿泊は都心部だけでは賄いきれず、東京ローカル圏へと波及するはずです。このアクセスのよい町田にとっては大きなチャンスであり、町田の魅力をしっかり広める機会を拾いに行かない手はありません。また、サイクルロードを充実させ、町田市街地からのこれら公園・里山をつなぐ事・里山や公園にコンテンツが充実する事により、仕事のしやすさに加えて市民生活は豊かで魅力的になります。『里山に一番近い商都町田』として大々的にプロモーションを行う事で、居住者の増加や町田の魅力向上に大きく寄与する事と考えます。

12

政策提言⑫➤ペットフレンドリーな街づくり

近年、公共施設を中心にバリアフリーな環境づくりが定着してきました。随所に子どもや障がい者が利用しやすい工夫がなされ、サスティナブルな社会の実現へ向けた取り組みが進んでいることを実感しています。

一方、コロナ禍で増加したといわれるペット需要に対しては、一部の店舗を除いて「入店・入館不可」のところが多く、公園施設の芝生内なども「ペット禁止」となっています。マナーやルールは必要ですが、喫煙者の「分煙」と同様、スペースを分けることで「ペットとの共生社会」を実現することもまた、サスティナブルな社会への一歩と考えます。

スクリーンショット 2023-12-13 22.59.32.png
スクリーンショット 2023-12-13 22.59.55.png

「ペットフレンドリーなまちづくり」を実現するために、まずは公共施設において「ペット可」のエリアを増やし、公園などにドッグランを設置することを提言します。ペットの散歩をしていると、同じペット連れの方や子ども達と自然に会話が生まれます。人との会話は心を穏やかにし、豊かで温かい街づくりを促進する事でしょう。ペットフレンドリーな街づく

りは、文字通りの意味に限らず、地域としての寛容さを示すことにも繋がり、人々が住みたくなる街として、人口流入にも大きく寄与すると考えます。

bottom of page